留学EXP

留学EXPにお任せ♪

遠距離のアメリカやイギリスへ留学して英語力をアップさせよう

英語を学ぶために留学をするときには、遠距離のアメリカやイギリスへ行くケースが多いです。現地で生活をすることで、常に英語に触れる環境になるため、1年も経てば、リスニングやスピーキングの力はかなり上達し、日常会話には困らないレベルに達します。時間や航空券の値段などの関係で日本になかなか帰りにくい遠距離ということも、日本語の環境から物理的に自分を離して、英語に集中させる環境を作ることが、英語力アップの秘訣にもなっています。留学先のスクールでは、ESLという母国語が英語ではない人たち向けのレッスンを受けます。現地のネイティブの先生に習って、読む、聞く、書く、話すの4技能を伸ばしていきます。スクールのクラスは10人から15人くらいの少人数制で、先生からの目が行き届いた教育が受けられます。クラスのメンバーは、日本からだけでなく、他の国々からの生徒で占められます。他の国の人の話す英語のアクセントやなまりも一緒に学べます。

遠距離の土地で留学して語学力と異文化理解を深める

英語の語学留学先に選ばれるのは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどが多く、日本からは遠距離のところになります。大学や高校生活をそこで3年から4年過ごしたり、1年間の期間を交換留学で過ごすなど、人によってパターンは変わります。数か月から1年の期間だと、遠距離であることから期間中は一度も日本に帰らないという人もいます。留学をして初めての頃は、英語の発音に慣れずに、普段のコミュニケーションで苦労することもありますが、徐々に耳が慣れていくと相手の言っていることが分かるようになり、会話の表現パターンを学んで、自分からも英語で発信しやすくなっていきます。日本とは離れたところなので、食事の文化や価値観が異なるのでカルチャーショックを感じる人もいますが、それも含めて楽しめます。海外では日本食ブームが浸透しているので、日本食レストランで現地スタイルのお寿司を食べたり、現地スーパーで日本食を買い揃えることは可能です。

おすすめWEBサイト 5選

博多の焼肉店

2017/12/21 更新

「留学 遠距離」
に関連するツイート
Twitter
ページトップ

Copyright © 2015 留学EXP All Rights Reserved.